1. 無料アクセス解析
  --/--/--//--.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2009/05/21//Thu.
のこぎり屋根発見!

午前中、所要で境野方面へ。

立派なのこぎり屋根(織物工場)を発見!

境野地区は特に市内でも多くののこぎり屋根があります。

のこぎり屋根1

これは、裏路地側からです。
のこぎり屋根2
画像中央のあるレトロな照明灯みたいなのがいいですね。

この薄暗い照明器具でここの路地裏通りを照らすんですね。

この織物工場は、とても立派ですよ!のこぎり屋根工場には、藁葺き屋根の建物も隣接していました↓

のこぎり屋根3

のこぎり屋根4

機音も「トントコ♪」しておりました。

桐生ののこぎり屋根の織物工場は、表通りよりは、むしろ裏路地から「ずでーっん!」と現れるケースが多いのでそこに魅せられます。個人的に。

なぜ自分が、のこぎり屋根に魅せられるのか を簡単に書きます。

以前5,6年前位、LONDONの郊外を電車で移動中、赤レンガ造りのどこかで見たことある形の建物・・・

「あれ?桐生にもたくさんあんじゃん、あのカタチ!でもなぜ?LONDONに?」

それから、帰国後早速調べてみると、「産業革命」発祥の地、イギリスで生まれた工場の形状で、大量生産、技術革新には欠かせない役割を果たしたらしいです。特に、繊維製造には、北からの一日を通しての不変的な光量が、とても都合が良かったらしいです。

 つまり

我が街桐生は、産業史上最も革命的な事項である「産業革命」を象徴する建造物が、あちらこちらに点在している(市内に240棟前後あると言われています)街である ということなのです。

その認識に辿りつく以前は、のこぎり屋根を見たところで、「はい、はい、織物工場ね」程度の認識で

20何年間何とも思いませんでした。

ほとんどの市民の方が、今もそういう認識だと思います。

もったいない!実に・・・桐生市民の皆さん、我々の街は、近代化遺産がゴロゴロしてるんですよ!

ローマやアテネ市民は、皆自分の地の遺産を愛してますよ。

それと、役割を終えたのこぎ屋根の所有者の方々、「壊す」なんて言わないで!!

ここ十年位前からでしょうか?のこぎり屋根や古い町並みを町興しの起爆剤にしようという動きが年々活発になってきましたね。

幾つかの団体が、のこぎり屋根mapを観光客向けに作っていますが、mapに載ってるのは、極々一部の市内中心部ののこぎり屋根工場で、本日発見した立派な工場は載っておりません。残念・・・


仕事先近所にのこぎり屋根見つけたら、またUPしますよ!

地道に続けて、真の「のこぎり屋根map」作成しますよ。地道に・・・・

それと、自分のビジネスの事を少々、新しくweb siteに「畳STYLE」 というページを作りました。

ご確認お願いしますです。

スポンサーサイト

ノコギリ屋根 | TB(0) | CO(0) |

comment









ブログ管理人にのみ表示ヲ許可する

trackback

trackback_url

 
プロフィール

Tomoki

Author:Tomoki
「11代目の畳熱日記」
群馬県桐生市で老舗畳店を営む日畳(日常)を綴ったブログ。。。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
和風時計(カレンダー)
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 

copyright (C) 11代目の畳熱日記 all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。