1. 無料アクセス解析
  --/--/--//--.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2009/04/21//Tue.
本日の畳替え

最近は、本当に「縁付畳」から「縁無し畳」へのケースが多いです。

before

四畳半の部屋ですが、コタツが掘っていないのに真ん中に半畳が敷いてありました。

恐らくこの畳を納めた業者さんは、ほぼ「素人の畳業者」ですね。

大抵、四畳半の畳の敷き方は、お茶室でもない限り、真ん中に「掘りコタツ」でもない限り、あるいは、施主様から特別敷き方の指定がない限り、半畳は、端へ敷くのですが・・・

(ちなみに、真ん中に半畳がある四畳半は、昔から「切腹の間」なんて言われてます。

真ん中半畳の上で腹を切ったからです)

はい、と言う訳で、こんないい加減な業者さんが作った「畳空間」には、お別れを告げて

after

「半畳縁無し 市松敷」に仕上げましたよ。

上記で簡単に説明したようなことを知らない施主様が、ほとんどです。当たり前です。

ですので、これからマイホームをお考えの方、施工会社様の下請け業者様へ全て任せるのではなく、「畳」は、施主様が信頼できそうな畳屋さんを選択されるのもアリですよね?

スポンサーサイト

ダイケン健やか表 | TB(0) | CO(0) |

comment









ブログ管理人にのみ表示ヲ許可する

trackback

trackback_url

 
プロフィール

Tomoki

Author:Tomoki
「11代目の畳熱日記」
群馬県桐生市で老舗畳店を営む日畳(日常)を綴ったブログ。。。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
和風時計(カレンダー)
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 

copyright (C) 11代目の畳熱日記 all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。