1. 無料アクセス解析
  --/--/--//--.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2009/02/10//Tue.
茶稽古行ってきました

火曜です。茶道の稽古今週も行ってきました。

本日始めて、「濃茶」の作法に入りました。濃茶作法


濃茶は、お抹茶も濃茶用があります。それを、お湯を少々注いで練るんですね。

幼少の頃、「ネルネルネールネ」というお菓子がありましたが、そんな感じで、茶筅でまずは練るのです。

味は、字の如く非常に濃いです。思わず顔も歪んでしまう程。その後に、薄茶を頂くわけです。

基本は、薄茶作法と手順は同じですが、今回は始めてだったので、なんだか混乱しました・・・

すなわち、要練習です。

続きまして、掛け物です。
掛け軸

読めますか?

「池塘生春草 (ちとうしゅんそうしょうず)」と読みます。「妙き庵」館長 士延 という方の書 

意味は、池塘とは、池や湖などに浮かぶ小さな島?で、そこに春の草が生え始めたよ みたいな感じです。小さな春を感じさせる掛け軸です。

続きまして、茶花。
茶花
手前の黄色い花は、福寿草 赤いのは、椿 後方の黄色いのは、万作という花です。

茶花は、庭に咲く季節の花を床間へ飾る事が、コンセプトであります。

西洋の様に、フラワーアレンジメント的なゴージャスな花飾りもありますが、茶花は、シンプルにかつそこらへ咲く季節の花を楽しもうというところが自分は好きです。仮谷崎氏のようなスタイルも魅せられますが。

最後に、一番の楽しみであります、菓子です。

菓子

本日用意されていましたのは、「わらびもち」です。口の中で溶けました。
美味しすぎて、「糖尿病になってもいいやぁ~」と昇天の境地へ至りました。

毎週思いますが、茶道はいいですよ!あらゆる意味で日本の文化にダイレクトにタッチできますよ!

スポンサーサイト

茶の話 | TB(0) | CO(0) |

comment









ブログ管理人にのみ表示ヲ許可する

trackback

trackback_url

 
プロフィール

Tomoki

Author:Tomoki
「11代目の畳熱日記」
群馬県桐生市で老舗畳店を営む日畳(日常)を綴ったブログ。。。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
和風時計(カレンダー)
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 

copyright (C) 11代目の畳熱日記 all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。