1. 無料アクセス解析
  --/--/--//--.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2008/09/01//Mon.
伝統工芸品認定に向けて

本日、県の職員の方々が、「群馬県ふるさと伝統工芸品」に関する事で視察のためご来店いただきました。

 当店の畳が、「群馬県ふるさと伝統工芸品」に認可いただけるよう、切に願う訳ですが、なぜ畳が群馬の伝統工芸品なのか?という事です。

 まず、「畳」は、日本の伝統工芸品であることは、言うまでもございません。

ここからが、ポイントなのですが、ここ桐生は、織物の街であり、特に戦前、戦後「西の西陣、東の桐生」と言われる程に、名を馳せました。

 その桐生の機やさんや買継屋さんの店先には、必ず琉球縁なし畳が、敷いてありました。その理由の一つとして、織られた反物が入ったダンボール箱を、スーッと滑らすためには、縁が付いている畳ですと、引っかかってしまう訳です。ですので、繊維産業が盛んだった群馬、とりわけ桐生は、縁なし琉球畳の需要が、全国でもトップクラスだった訳です。

 それにちなんで、縁なし畳を得意とする畳職人は、桐生には、とても多かったのです。

しかし、そんな琉球縁なし畳も時代のナガレの中で、衰退し今では、また「手縫作業」で作れる職人もとても少なくなってしまいました。

 そういったストーリーも後世に残せるよう、(甚だマニアックなストーリーですが・・・)是が非でも認定されたいものです!
視察

スポンサーサイト

ビジネス | TB(0) | CO(0) |

comment









ブログ管理人にのみ表示ヲ許可する

trackback

trackback_url

 
プロフィール

Tomoki

Author:Tomoki
「11代目の畳熱日記」
群馬県桐生市で老舗畳店を営む日畳(日常)を綴ったブログ。。。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
和風時計(カレンダー)
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 

copyright (C) 11代目の畳熱日記 all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。