1. 無料アクセス解析
  --/--/--//--.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2008/07/07//Mon.
悲しい仕事・・・・

 このブログを開設して一ヶ月が経とうとする中で、出来る限りポジティブな内容の身の回りの出来事、感想をと、管理人自身努めてきましたが、本日は、そうもいかないみたいです・・・・

 本日のお客様、前回の畳替え時に、昨今よく目にする折込チラシで激安価格を掲載しているリフォーム業者に依頼されたそうです。

 しかしながら、その工事内容に、満足がいかなかったらしく、今回、当店へご用命いただきました。

いざ、畳をお預かりに伺い、具合を見ると、いや、いや目を覆いたくなる仕事が展開されていたように思われます。完全に素人の畳屋さん(?)の仕事でした。

 まずは、これです。ホチキス


 畳は、ご存知の方も多いと思いますが、針と糸で製作される品物です。

が写真のこれ、荷造りでダンボール等に使われるホッチキスで留めてあるのです。
ホチキス2
こちらの写真も同様、畳縁をホチキスで留めてあるのみ・・・・

続いて、こちら下糸破損


 下地である藁(わら)の畳床ですが、耐久性の上で、とても重要な糸を切ってしまっている・・・・

   なぜ?
 
 恐らく畳表を裁断する際に、下敷き板をしかなかったのでしょうか?
普通はこんな感じで敷くのですが・・・
下敷き板

 すべての畳が、このようになっていました・・・普通の畳屋さんでは考えられないような、まるで畳製作を冒瀆しているかの如く、とても悲しい仕事をする業者さんがいるものです・・・・

 ちなみに、針と糸で修復すると、
修復


(しかし,手間がかかった・・・・)

 そして、今回のお客様、最終的には、当初のチラシの値段よりも、高額な品物を薦められ上、中国畳表にも関わらず、国産畳表級の金額として、支払いに至ってしまったようです。

 我々の作業は、とても地味です。お客様は、綺麗になった青畳にばかり気が行きがちだと思いますが、下地修復、幅、丈出し(隙間無く収めるために寸法を増やす作業)も健全な畳屋さんは、当たり前のように誇りをもってしています。

 ですので、安価な値段だけで、畳業者を決定されるのは、少々危険です。

今回のような類のクレームは県下組合員の元へたくさん届いていますが、結局のところは、お客様は、泣き寝入りするしかできないのが現状です。

 オイシイ話には必ず裏がございます。世の常です。

スポンサーサイト

ビジネス | TB(0) | CO(0) |

comment









ブログ管理人にのみ表示ヲ許可する

trackback

trackback_url

 
プロフィール

Tomoki

Author:Tomoki
「11代目の畳熱日記」
群馬県桐生市で老舗畳店を営む日畳(日常)を綴ったブログ。。。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
和風時計(カレンダー)
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 

copyright (C) 11代目の畳熱日記 all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。