1. 無料アクセス解析
  --/--/--//--.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2008/12/25//Thu.
腰痛が・・・

 みなさんは、年内はいつまで仕事でしょうか?

当店は、今年はありがたい事に、30日までご予約を頂いている状況であります。

 いずれにしましても、今年も一週間を切りました。皆様忙しい年末ではありますが、

 体調管理だけはケアして頂きたい。

ところで、その体調に関係する訳ではないが、畳屋さんの多くは、持病として「腰痛」に悩まされる職種です。

 想像は、容易にできると思いますが、畳(ワラの畳床は、重量30kg前後)や家具等の移動をする際に腰に負担が掛かるというわけです。

 私も、忙しくハードな日々が続く時期は、それに悩まされます。

ひどい時は、仕事が終わると同時に、志村けんの老婆コント(ひとみばぁさん)のような歩き方になる場合もあります。

以前聞いた話では、人類は、進化の過程において、二足歩行の歴史はまだまだ浅いらしいです。

そのせいか、腰回りの筋肉等が、それに追いついていないらしいです。

                    早く追いつけ!!

では、また。

スポンサーサイト

ビジネス | TB(1) | CO(0) |

2008/12/11//Thu.
お抹茶一服

 つい最近始めた事ではありますが、ご来店のお客様には、「お抹茶」を点て、差し出すようにしています。

 そうしようと思い立った契機は、1つに、自分のビジネスが「日本文化」を売り物にしているが故、それを実に象徴しているような飲物をお客様へ出せたら素敵じゃん、と思ったからです。

 もう1つに、以前このブログでも書きましたが、自分は、興味の範囲で「茶道」の稽古に通っているため(腕前はともかく・・・・(汗))、日頃の稽古の成果を試してみたいということからです。

 いざ、お客様へ出すと、これが大変喜ばれる!

自分が、「もう一服いかがですか?」と訊ねると、ほとんどのお客様は、二杯目をお召し上がりになる。

 自分としても、抹茶をシャカシャカ♪と点てた甲斐があるってものです!

 しかし中には、一寸お作法的なことを気にかけて緊張されてしまう方もいっらっしゃるのだが、
そんな事は、全然気にせずに気楽にそして美味しく飲んでいただければ結構なのです。

 千利休も、楽しく美味しく飲むのが一番とおっしゃっている。

 店内は、イ草の香りが、プンプンであるため、そこで出されるお抹茶も一味違うのではと勝手に推測しています。

 泡立ちクリーミー♪なお抹茶を畳屋でいかがですか?!
抹茶

ビジネス | TB(0) | CO(0) |

2008/12/05//Fri.
職人の性

 本日もほんとハードでした・・・

朝、市内のお預かりした畳16枚を、「裏返し」。

 冬は、日没の時刻が早いので、その日にお預かりした畳の納品は、出来る限り明るい内にと奮闘します。

 そして、夕方納品後、別のお客様の新築の畳を即座に積み込み、いざ伊勢崎へ向かう。

 年末の道路工事ゆえのアンスムーズな交通事情にパンキッシュな気持ちを抑えつつ、交通整理のおいちゃんへ、すれ違い際に優しく微笑む。

 そして、現場で畳を敷きこみ完了。こんなかんじになりました↓


               半畳縁なし畳

 この色、実は、「黒」ではなく、「栗色」なんですよ!出来栄えは、自画自賛ですが、上出来です!

 この新築の施主様、「畳」に大変重きを置いていただき、施工されているメーカー様の請負の畳業者様ではなく、態々当店へご依頼いただきました。

 お店にも幾度か商品の事でご足労いただき、また製作過程にも興味をお持ちで見学にも見えていただきました。

 そんなお客様の「想い」を背負った結果、うまく敷けると、職人の性だろうか?その日一日の疲れはなんのそので上機嫌です。

 帰途の車中は、90'Sの我が青春J-POPを大熱唱です。

 でわ、また次回の日記で・・・


 

ビジネス | TB(0) | CO(0) |

2008/12/02//Tue.
「群馬県ふるさと工芸品・伝統工芸士」に認定されました

 師走です。早いもので今年も残り一ヶ月を切りました。

 さて、以前このブログにおいて、「伝統工芸品認定に向けて」と題して書いたのですが、

この度、「群馬県ふるさと工芸品・伝統工芸士」に認定されました。

群馬県、桐生市の関係者の方、誠にありがとうございました。先ず持って、御礼の言葉させて頂きます。

 そして、その認定品の名称は、「桐生民芸畳」と銘打たさせて頂きました。

主に当店で扱う琉球縁なし畳が、それに該当いたします。昔ながらの、手縫による施工法が、審査の対象になったのではと思います。

 親子共々、畳職人冥利に尽きる今回の結果であると同時に、畳製作においては、今まで以上の責任を
感じざるを得ないという身の引き締まる心中です。

 そして、一番喜ばしい事は、一般の方々への「畳」のPRツールが1つ増えた事ではないでしょうか!?

 そこの部分が、業界人として大変嬉しい事です。

 ちなみに、余談ではございますが、来る12月5,6,7日、高崎のAEONモールにおきまして、群馬県ふるさと工芸品の展示、即売会が開かれます。お時間ございましたら、是非、ご来場下さい!松屋の畳も展示されています。

 はぁ~、しかし・・・地道に「畳」のPR活動をしてきてよかった~・・・・
 

ビジネス | TB(0) | CO(0) |

 
プロフィール

Tomoki

Author:Tomoki
「11代目の畳熱日記」
群馬県桐生市で老舗畳店を営む日畳(日常)を綴ったブログ。。。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
和風時計(カレンダー)
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 

copyright (C) 11代目の畳熱日記 all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。